ESSAY

【2021年】今からYouTubeを始めるのは遅い?【今からでもOK】

YouTuberになりたい人
YouTuberになりたい人
『YouTuberになりたいけど、2021年からじゃあもう遅いですか? 後発組はあんまり稼げないと聞きました。 やめた方がいいですかね?』

 

こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • 2021年からYouTuberを目指してもあまり稼げない
  • YouTuberとして成功できるかは、あなたが何者か次第です
  • YouTuberは別のプラットフォームでも活躍できる

 

こういった人に読んで欲しい

  • 今から(2021年)YouTuberを目指したい人
  • YouTuberとして稼げるか不安な人
  • YouTuberとして身を立てていきたい人

 

この記事を書いている人

シュンスケ

@SHUNSUKE_BLOG

 

こんにちは、シュンスケです。

今回はYouTubeを今から(2021年)始めて稼げるのかについて解説していきます。

 

これからYouTuberを目指したい人や、将来長きに渡ってYouTuberとしての活動を考えている人はザッと目を通してみて下さいm(_ _)m

もしかしたら何か気付きがあるかもしれません。

 

それではさっそく本題へ行きましょう!

 

【2021年】今からYouTubeを始めても遅のか?

結論から言うと、遅くはないが、稼げないと思います。

 

『それって矛盾してないですか? 稼げないって言うのは、今から始めても遅いって意味じゃないの?』
『ここで言ってる遅くない稼げないは別々の意味合いがあるんです。』

 

今から(2021年あたり)YouTubeを始めることは後発組と呼ばれています。

これは要するに、始めるのがちょっと遅いよ、と言うことです。

 

最近は芸能人の方もガンガンYouTubeデビューしており、知名度のない一般人が上位に食い込める可能性はほとんどない状態になりつつあります。

最近YouTubeデビューした芸能人
  • 香取慎吾:登録者数 40万人
  • 中田敦彦:登録者数 337万人
  • 草彅剛:登録者数 110万人
  • 宮迫博之:登録者数 127万人
  • DaiGo:登録者数 230万人
  • 江頭2:50分:登録者数 227万人
  • カジサック:登録者数 217万人
  • 手越祐也:登録者数 167万人
  • 児嶋一哉:登録者数 78万人 
  • 石橋貴明:登録者数 144万人
  • ヒロミ:登録者数 86万人

※2020年12月現在

 

上記のように凄まじい数ですね。

これが知名度抜群の芸能人達の力です。

 

いずれもYouTubeデビューして一年足らずでこの数字を獲得しています。

この中に無名の何者でもない一般人が参入していくとなると相当厳しいというのは理解していただけると思います。

 

また、早くから始めてれば稼げたのかと言われれば、それも違うとは思いますが、イスの数が決まっている以上、参入者が増えれば、その分難易度は上がってきます。

 

ここで言うイスの数とは、視聴者と視聴時間のことです。

日本人の数も決まっているし、一人当たりの可処分時間も決まっているので、登録者数も再生回数も限界があると言うことです。

 

今後も芸能人のYouTubeデビューの波は止まらない事が予想されるので、余程ニーズのある分野を上手に攻めていかないと稼ぐのは難しいです。

 

稼げなくてもYouTubeを始めてみるべきです

それでもYouTubeに興味があり、始めてみたいと思うなら、やってみるべきです。

 

どんな夢でもそうですが、他人に反対されて止めるくらいなら、それは大してやりたい事ではなかったという事でしょう。

本当にやりたい事なら、誰に反対されようが突き進むハズです。

 

それに上記で、今からYouTubeで稼ぐのは難しいと言いましたが、まだまだ狙えるジャンルは存在しますし、依然として芸能人では参入できない分野も存在します。

 

狙えるジャンル
  • 予備校講師の受験勉強チャンネル
  • 中国語チャンネル
  • 子供向け絵本の読み聞かせチャンネル
  • 官能小説の朗読チャンネル
  • YouTubeの始め方の解説チャンネル

上記のように、狙えるスキマはまだまだ存在します。

 

また、若い時から芸能界で仕事をしていた芸能人の方々は、華やかな世界には詳しくとも、一般のビジネスマン経験や、サラリーマン経験が乏しいがゆえに入ってこれない分野も多くあります。

 

いくら絶大な知名度を誇れど、できない事・わからない事に関しては普通の人と同じです。

登録者数にビビらずに、自分の強みを見つけて、上手に攻めていきましょう。

 

稼げるかどうか、成功できるかどうか、要はやり方次第という事です。

 

YouTubeで身につくスキルは色々あります

YouTubeを始めるのに必要な資格や条件は何もありません。

いつでも・誰でも・どこでも、撮影しアップロードすることができます。

 

ですが、多くの視聴者に見てもらえるような動画を撮るには、様々な条件をクリアせねばなりません。

 

YouTuberとして成功するために必要なもの
  • 面白いアイディアを思いつくセンス
  • 動画編集のスキル
  • 世の中のニーズを満たす情報の提供
  • 個人としての魅力・実力・経歴

YouTuberとして成功するためには、上記のような条件を要求されます。

 

ただし、魅力にせよ、情報にせよ、スキルにせよ、最初から全てを持ってる人なんかいません。

どんなに活躍している配信者の方だって最初は右も左もわからない所からのスタートだったハズです。

 

やっていくうちに、続けているうちに、だんだんとスキルが身につき、情報やノウハウも貯まり、自分だけの魅力的なチャンネルが出来上がるのです。

 

今、YouTubeについて全くの無知だったとしても、恐れる必要はありません。

スキルや情報なんて後からでも十分身につきます。

 

大切なのは、あくまでもやってみたいと思う気持ちです。

YouTuberに少しでも興味があるなら今日からでも、調べたり撮ったりしてみるべきです。

 

YouTubeでスキルを磨いて、他のプラットホームで稼ぐのも有りです

でも後発組が今から始めても遅いんでしょ? 稼げないならやる意味なくない? 将来食っていけないならやめようかなあ…。
確かにYouTuberで一生食べていくのは難しいと思います。 ですがYouTuberとして身につけたスキル知名度情報は他のプラットフォームでも活かせます。

 

2021年からYouTubeを始めても、成功するのは難しいのですが、そこで身につけたスキルや知名度は他のプラットフォームに移っても使えます。

 

現在YouTuberとして活躍している方々の中にも、元々別のプラットフォーム出身の人は結構いますよね。

  • テレビ業界→YouTuber
  • ニコニコ動画→YouTuber
  • ビジネスマン→YouTuber

もといた業界で手に入れたスキルや知名度を活かして現在YouTuberとして活躍しているわけですが、仮にYouTubeが廃れてきても、また別の場所に移って活躍できるわけですね。

 

また、将来会社に就職したとして、その会社で宣伝用のYouTube動画を作ることになったとしたら、あなたが身につけたスキルはその会社でも重宝するはずです。

 

だから、将来のことはあまり考えずに興味があるならすぐに始めるべきです。

YouTuberとして身についたスキルは他の業種でも必ず役に立ちます。

 

YouTuberになりたいなら今すぐ始めてみよう!

YouTube始めようかな…どうしようかな…、と迷っているその時間が無駄です。

 

迷ってる暇があるなら、

  1. YouTubeのチャンネル登録を済ませる
  2. 飼っている犬や猫をスマホで撮影してみる
  3. 動画をアップロードしてみる

これくらいの事なら今日からでもできるはずです。

 

始め方や、編集のやり方などの情報はネット上に溢れかえっています。

必要な情報をググって調べあげて、試行錯誤しながら自分だけのチャンネルを育てていきましょう!

 

断言しますが、YouTubeは今から始めても遅くはありません!

やってみたい・興味があるという自分の気持ちを大切にしてトライしていきましょう!

 

【SHUNSUKE SHOP】あなたの人生を少しだけ豊かにするあなたの人生を少しだけ豊かにする、様々な商品を紹介します。 ...