大学受験

【数学】青チャートが難しい時はどうすればいい?【結論:マセマ数学】

青チャートとマセマで迷ってる人
青チャートとマセマで迷ってる人
『大学受験の数学の勉強で使うメインの問題集で悩んでいます。 青チャートが定番だけど、解説が難しいし、もう少し理解しやすい問題集はないかな?』

こういった疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • 青チャートが難しいならマセマ数学を使おう!
  • ゴリゴリ暗記ならチャート式、理解重視ならマセマ式
  • マセマ式ならスモールステップで積み上げていけます

 

こういった人に読んで欲しい

  • 青チャートの解法暗記で成果が感じられない人
  • 無味乾燥な解法暗記が合わない人
  • チャート式の解説がわかり辛いと感じる人

 

書店に行くと学習参考書コーナーには参考書や問題集が溢れんばかりに並んでいます。

 

まさか全部やるわけにはいかないし、ネットや口コミなどでも情報が溢れていますが、安心してください。

所詮は学習用の参考書なので内容や単元などは全て同じです。

 

大学受験の参考書・問題集であればここは共通です。

違うのは、

  1. 問題数
  2. 難易度
  3. 解説の詳しさ
  4. レイアウト

この4点だけです。

 

レイアウトに関しては好みがあるのでここでは触れません。

残りの3つ(問題数・難易度・解説)について、数ある問題集の中からピックアップして解説していきます。

 

今回は、

  • 有名所のチャート式
  • 馬場敬之先生のマセマ数学

この2つのどちらがオススメなのか深掘りしていきます。

 

それでは本題へ入りましょう!

 

受験界の王道・チャート式

定番中の定番ですね。

学校の方で指定されて購入している方も多いと思います。


 

大きく、白・黄・青・赤の4つに別れており、それぞれ難易度別になっています。

チャート式・難易度
  • 白:基礎中の基礎、学校の教科書レベル、偏差値45〜55位
  • 黄:センター試験、偏差値50〜60位、中堅国立大学の文系レベル
  • 青:有名、偏差値55〜65位、全然基礎じゃない、中堅国立大学理系レベル
  • 赤:激ムズ、普通の受験生は手を出し厳禁、偏差値65以上、東大理系レベル

と、色別に別れており、自分のレベルや志望校に合わせて選択するのがいいと思います。

 

逆に言うと、やらなくてはいけない色と、やってはいけない色を間違えてはいけないと言うことでもあります。

 

学校の授業ですら付いて行くのがやっとの人は白以外はやる必要がないし、文系で数学はセンターでしか使わない人は黄色までで十分でしょう。

中堅国立大学文系志望者に青や赤は不要です。

時間がもったいないので、ほかのことをやりましょう。

 

青チャートは基礎ではない

その昔、暗記数学という言葉で一世を風靡した和田秀樹先生(東大理三現役合格)の著書「受験は要領」で青チャートを勧められていたこともあり、青チャート信者が爆発的に増えたのですが、青チャートは基礎でも何でもありません。

普通に難しいですので、自分の実力を見誤らないように気をつけてください。

 

ちなみにチャート式は網羅本と呼ばれ、とりあえずここに載っている問題が全て解けるのであれば、そのレベル内での問題は大体解けるものと思って大丈夫ですが…。

 

『とにかく分厚い!重い!解説が固い!分量が多い!こんなんやる気起きんて!』

と言う方は結構いると思います。

 

勉強に限った話ではありませんが、嫌なことというのは続かないし上達の妨げになるので、チャート系がキツイ・苦痛だという人は別の参考書・問題集を選んでみましょう。

そこでオススメなのがマセマ数学です。

 

わかりやすさ重視のマセマ数学

マセマ数学とは、馬場敬之先生が立ち上げたマセマ出版の著書シリーズで、基礎の基礎から詳しく解説がされており、分かり易さなら他の追随を許さない良書です。

こちらもそれぞれレベル別に別れています。


 

マセマシリーズ
  • 『初めから始める数学』シリーズ
  • 『初めから解ける数学 問題集』シリーズ
  • 『元気が出る数学』シリーズ
  • 『元気に伸びる数学 問題集』シリーズ
  • 『合格!数学』シリーズ
  • 『合格! 数学実力UP!問題集』シリーズ
  • 『頻出レベル数学』シリーズ
  • 『ハイレベル数学』シリーズ
  • 『センター数学』シリーズ

はい…多いですね…。

馬場先生のマセマシリーズは講義形式になっているので、分かり易いのですが、分量がどうしても増えてしまいます。

数学1A・2B・3と全て揃えるとなると20冊はゆうに超えます。

 

高校1・2年生ならともかく、3年生や浪人生には厳しい量だと言わざるを得ません。

たとえあなたが理系志望でも数学ばっかりやってる訳にもいかないでしょう。

もちろん文系なら数学3はいらないし、理系でも志望大学によってはそこまでハイレベルな問題集は必要無いので、チャート式と同じく自分でどこまでやるのか線引きが大事です。

 

逆に高校1、2年生で、まだ受験まで時間がある人や、再受験の方や、数学が全然わからない・嫌悪感すらあるという人はマセマで基礎の基礎からみっちりやることをおすすめします。

 

講義形式なので一冊あたりにかかる時間はそこまでかかりませんし、分量が多いということはポジティブにとれば達成感を感じながら学習を進めていけるということでもあります。

 

一冊ずつ潰して積み上げていけば成長を感じやすいので、勉強が嫌いな人や、苦手な人などにとっては、このやり方の方がいいでしょう。

 

勉強は継続さえできれば成績は必ず上がります!

当たり前の話ですが、勉強は継続できれば、必ず成績は上がってきます。

 

その継続する仕組みさえ作ってしまえば、あとはただやるだけです。

 

継続できない人にありがちなのが、迷うこと。

  • このやり方でいいのかな?
  • この参考書よりあっちの参考書の方がいいな!
  • 成績いいやつが別の問題集使ってた、俺も切り替えよう

と、コロコロやることを変えていては、なかなか内容は身につきません。

これと決めた参考書・問題集を選び、勉強に邁進していってください!

 

結論:どっちの問題集がオススメなの?

ここまでチャート式と、マセマ数学の2通りの問題集を紹介してきましたが、結局どちらを選べばいいのでしょう?

 

結論を言うと、使いやすい方を選べばいいと思います。

  • 受験本番まで、時間はあるから理解重視でいきたい人はマセマ数学
  • オールインワンの問題集で、ガリガリ解法暗記を進めていきたい人はチャート式数学

残された時間や、自分が数学に割けるリソース、予算、理解度によって好きな方を選びましょう!