アメリカは大規模な金利上昇で今後景気後退の波がくる?【関係ないです】

こんにちは、シュンスケです。

最近はアプリをいくつかインストールし、毎日株価をチェックしています。

  • investing.com
  • CNBC
  • finviz

アプリはこの3つ。

米国株やる人には定番みたいです。

チェックするのはこの3つ。

  • 米国10年国債
  • SP500ヒートマップ
  • ダウ、ナスダック、SP500の株価

最初は意味がわからなくても、毎日見ていればだんだんわかってくるはず…!

なのでこの3つは毎日チェックしていきます。

目次

NASDAQとS&P500を買い増しました

4月の給料が入ったので、NASDAQとS&P500を購入!

比率は、NASDAQ:SP500=3:1

ナス多めです。

まだ資産額が小さいので、リスクが高くとも長期での利をとります。

短期では乱高下が激しいものの、長期で見るとNASDAQの方がパフォーマンスが高いので、今はこっちに多めにはるのが正解かなと。

じっちゃまに学ぶ

ここ数日、じっちゃまこと広瀬隆雄さんのYouTube動画をチェックしていました。

2022年4月の相場は上を見ているが、5月以降はポジションを軽くして様子を見た方がいいとのこと。

今年いっぱいはグズグズした相場が続くのでは?とおっしゃっていました。

ただこれ、積立・長期保有者には対岸の火事というか、あまりピンと来ない話ですね。

むしろ株価が下がるなら、いつもと同じ金額で多くの株を買えるので有利ですらあると思います。

景気後退を見越して現金のを多めに用意しておこうかな…。

金融の勉強に励むことと、金融に振り回されることは全くの別物

本当にこれに尽きます。

どんなジャンルでもそうですが、知識はないよりはあったほうがいい。

でもその知識自体に振り回されるのは愚の骨頂です。

知識やスキルは人生を豊かなものにしたり、迷いを減らすためにあると思うからです。

自分がどこにいて、どうしたいのかをしっかり見極めて、状況に応じて最善の手を打ち続けるしかない。

人生も投資も同じですね。

とりあえず今後アメリカでは、

  • 上がり過ぎたインフレ退治のために金融引き締めモードに突入する
  • 過去前例がないほど強いものになる
  • 数ヶ月から1,2年遅れで景気後退に入る

この辺は起こり得ることとして認識しておいたほうがよさそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
トップへ
目次
閉じる