勉強法

【共通テスト】倫理・政経を最小限のテキストで最短で8割とる方法

倫理・政経で困ってる人
倫理・政経で困ってる人
『共通テストの倫理・政経ヤバイな…。 数学とか英語に時間使い過ぎて全く勉強してないや….。 試験本番まで残り1ヶ月しかないけど今からじゃ間に合わないかな…?』

 

こういった悩みに答えます。

 

本記事の内容

  • 共通テストの倫理・政経を最小限のテキストで、最短距離で攻略する方法
  • 時間がない人は工夫して勉強しないと間に合いません!
  • 倫理・政経は共通テスト1ヶ月前に知識ゼロでもギリギリ間に合う科目です

 

こういった人に読んで欲しい

  • 共通テストの倫理・政経の勉強をあまりやってこなかった人
  • 試験本番まで時間がないけど何とか倫理・政経で7、8割とりたい人

 

この記事の信頼性

この記事を書いている僕は、社会人の再受験生で、社会は【倫理・政経】を選択している者です。

倫理・政経は得意科目で、安定して85点以上は取れるのですが、もし共通テストまで残り僅かな時間しかなく、30点くらいしか取れない状況ならどうするのかをイメージしてアドバイスしていきます。

 

※注意! 本記事は【共通テスト】の【倫理】【政経】【倫理・政経】のみに限った内容の記事です!

【二次試験】や、【世界史】【日本史】などは無関係の内容となりますので対象外の方はブラウザバック推奨です!

 

それではさっそく本題に入りましょう。

 

共通テストの倫理・政経を最小限のテキストで最短で8割とる方法

結論から言います。

  • 使用するテキストは2冊
  • かかる期間は1ヶ月間

シンプルにまとめるとこれだけです。

 

使用する2冊のテキスト
  • 倫理、政治・経済の点数が面白いほどとれる本(奥村薫)
  • 共通テストの赤本(倫理、政治・経済)

使うテキストもシンプルにこの2冊のみとします。

 

 

 

アレもコレもと色々な問題集に手を出したいのはわかりますが、1ヶ月で仕上げるという縛りがあるので、3冊以上使うのは無理でしょう。

おそらくこれが限度だと思います。

 

※必ずテキストも赤本も最新版を揃えて下さい! 古いものだと精度が落ちます。

 

勉強法もシンプルに説明すると下記の通り。

倫理・政経の最短勉強法
  • メインテキストを速読で何周も読み込む
  • 赤本でテストして、理解不足の箇所を中心に再度テキストを読み込む

この2点をひたすら繰り返す。

これだけです。

 

さらに下記で詳しく解説していきます。

 

倫理・政経の最短勉強法をさらに詳しく解説する

共通テストまで残り時間がない状態で、急ピッチで仕上げなければならない以上、通常のやり方では間に合いません。

 

通常の勉強法
  1. テキストや教科書を1章ずつ読む。
  2. 用語を暗記していく。
  3. ミニテストで理解できているか確認する。
  4. 過去問などをやって、苦手な部分を復習していく。

いわゆる学校や学習塾のやり方ですね。

 

時間がたくさんあるなら、これが王道の勉強法なのですが、試験本番まで1ヶ月しかない人がこんなことをやっていては、とても間に合いません。

 

では時間がない人は何をどう工夫すればいいのか?

 

それは、細かい用語などの暗記は一旦置いといて、まずは全体像を把握し、そこから少しずつ細かい部分へ掘り下げていくイメージで進めていくのがオススメです。

 

具体的に説明すると、

時間がない人向けの【倫理・政経】勉強法
  1. メインテキストを2、3周読む←必ず速読! 大雑把に読むこと!
  2. 赤本で演習1回目←復習は軽めに
  3. メインテキストを再び速読
  4. 赤本で演習2回目←復習はあくまで軽く
  5. 以下同文

 

このやり方で、70〜80点に到達するまで高速で回し続けます。

 

その際いくつか注意すべき3つのポイントがあります。

 

上記でも書きましたが、テキストを読む時は、

  • 大雑把に、適当に読むこと
  • 出来る限り速く読むこと
  • 全範囲を一気に読み切ること

この3つは強く意識して進めて下さい!

 

短期間で仕上げるためには、細かい1個1個の用語の暗記をやっている暇はありません。

あくまでも全体像を捉えて部分部分へと理解を狭めていくのが正解です。

 

そもそもじっくり暗記しても、その暗記した用語がピンポイントで設問で問われる確率は限りなくゼロに近いので、ここは問題ないと思います。

 

また上記で紹介した【倫理、政治・経済】テキストは450ページ近くあり、例えば1日20ページずつ読んでいたのではとても間に合いません。

 

超速読で1日200ページで読み切り、すぐに赤本へ、そして再び超速読で200ページ読み切り、また赤本演習へ、くらいのペースで進めていくイメージを持って取り組んでいって下さい!

 

倫理・政経なら1ヶ月あれば何とか間に合う! 最後まで絶対に諦めるな!

数学や英語をゼロから1ヶ月で仕上げるのは不可能ですが、受験科目の中には1ヶ月あれば何とか7、8割狙える科目がいくつか存在します。

 

飛ばせば1ヶ月で8割狙える受験科目
  • 倫理
  • 政治・経済
  • 現代社会
  • 漢文
  • 古文

 

倫理・政経も1ヶ月で8割狙える科目の一つです。

 

もちろんキツイことは言うまでもありません。

ですが不可能ではない以上、できない言い訳にはなりません。

 

やるか、やらないか?

ただそれだけです。

 

この記事をここまで読んでくれたあなたはやる人間なんだと思います。

どうか、最後の最後まで悪あがきをして1点でも多く点数をもぎ取って合格を勝ち取って下さい!  

 

僕も今年の共通テストを受験する身ですが、まだまだやらなければならない事は山積みです。

でも決して言い訳はせず、最後まで諦めないで努力し続けます!

初実施の共通テストで不安だらけですが、やると決めたらやりきるだけです!

共に頑張りましょう!

 

【SHUNSUKE SHOP】あなたの人生を少しだけ豊かにするあなたの人生を少しだけ豊かにする、様々な商品を紹介します。 ...