ESSAY

【苛政猛虎】そんなに日本が住みづらいなら出ていけばいい【海外移住】

こんにちは、シュンスケ【@SHUNSUKE_BLOG】です。

普段、会社員をしながら、【副業ブログ】と【大学再受験】に挑戦しています。

 

今年はコロナウイルスの影響で会社の売上が落ち込んだ分、勉強やブログに充てる時間は増えましたが、はたして本当に受験生が密集する共通テストが実施されるのか、少し不安です。

 

いきなり、煽るような記事タイトルで申し訳無いのですが、今回の記事では【そんなに日本が嫌なら、海外の都市で暮らす選択肢もありだよ?】という話をします。

 

そんなに日本が住みづらいなら、出ていけばいい【海外移住】

いきなりタイトル回収ですが、【苛政猛虎】(かせいもうこ)の説明から

悪政は人を食べる虎よりも人々を苦しめるということ。
人々を苦しめる政治を戒める言葉。
「苛政」は人々を苦しめるひどい政治。
中国の思想家の孔子が道端で泣いている女性に出会い、その理由を聞くと姑と夫、息子が虎に殺されたといい、孔子がなぜこの地を離れないのかと聞くと、悪政がしかれていないからと答えたという故事から。

四字熟語時点オンラインより引用

 

日本は、苛政とまでは言わないまでも、みんな生きづらさや閉塞感は感じてると思います。

 

特に若者は、低い年収で重労働を強いられたり、税金・年金・保険料も年々上昇傾向にあり、経済的にも困窮している人が多いでしょう。

 

また、税金の使い道が老齢者優先になってしまっているため、今の日本の社会は若者には非常に住みづらいと思います。

 

お金持ちになりたいとは言わないまでも、普通に学校を出て、普通に就職して、普通に結婚して、普通に子育てして、普通にマイホームを建てて、普通に年に1、2回旅行に行くという人生は、今の若い人にはとても難しくなってしまいました。

 

そこで、と言うわけではありませんが、思い切って海外に移住してしまうという選択肢を設けてみてはどうでしょう?

 

単純に、日本が住みづらいなら出ていけばいいだけでは?という話です。

 

普通の人が海外移住するのは珍しいことではない

海外移住と言っても、一回行ったら戻ってこれないとか、日系何世とか、そんな重い話ではなく、【プチ移住】くらいの軽い話です。

 

海外の魅力的な都市
  • パリ
  • ローマ
  • バンコク
  • メルボルン
  • ニューヨーク

世界には本当に魅力的な都市がたくさん存在します。

こういった都市に、2、3ヶ月位住んでみたらどうでしょう?

 

いやいやいや…海外移住なんて…ねぇ?

とおっしゃらず、妄想だけでも構いませんし、このブログ記事を読んでる間だけでもいいので少し考えてみて下さい。

 

住みづらい日本を離れ、パリやニューヨークで働いたり、遊んだり、暮らしたりしている自分の姿はどうでしょう?

 

ワクワクしてきませんか?

別に【閉塞感満載の日本】で生涯を終える必要はどこにもないのです。

 

今や、日本で暮らす外国人も、海外で暮らす日本人もたくさん存在します。

海外移住は珍しい話でもなんでもありません。

 

望めば、普通の人でも叶えられる現実的な選択肢の一つとなりつつあります。

 

自分が住む国も選べる時代【それでも日本に住み続けますか?】

毎年、

  • 住みたい都道府県ランキング
  • 魅力的な都道府県ランキング

などのランキングが話題になりますが、こういうのを見て、東京や北海道に移住する人も多いと思います。

実際に東京や札幌は人口が増えてますもんね。

 

これと同じ話で、

  • 住みたい海外都市ランキング
  • 魅力的な海外都市ランキング

などのように住んでみたい国や都市を選んでみてはどうでしょう?

 

グローバル化が進み、ヒト・モノ・カネの移動はますます加速していきます。

もはや、日本に生まれたからと言って生涯日本に定住することもありません。

 

働き方も、稼ぎ方も、何を食べて、どこに住み、誰と付き合い、どう生きるかまで、全て自分で選択できる世界になったのです。

 

それでも貴方は、日本に住み続け、【苛政】に耐えますか?

それとも、海外移住を目指して、必要なスキルや知識を身につけ、新しい生き方を模索しますか?

 

海外の全ての国が良い国だというわけではない

  • 日本は住みづらい〜
  • 日本は閉塞感満載〜
  • 日本は老齢者優先〜

と、さんざん日本をこき下ろしてきましたが、海外の国も住んでみると色々嫌な部分が目につくものです。

 

『住めば都』という諺もありますが、海外に出て、はじめて日本の良さが分かったという人もたくさんいます。

 

ですが、『今』日本で暮らしていて死ぬほど辛いなら、環境を変えてみる選択肢も、僕は有りだと思います。

 

一生日本に住み続けて、日本批判をしてるよりも、勉強して自分を成長させて、海外に移住して、それで幸せになれるなら、そちらの人生の方が魅力的ではないでしょうか。

 

新しい生き方を設定すれば、人生が充実してくる

僕は、現在日本に住んでいますが、将来はこの国を出ていこうと思ってます。

 

冒頭でも書きましたが、【大学再受験】【副業ブログ】を頑張っているのはそのためです。

  • 大学に入り、医療系の資格を取ること。
  • 副業ブログでリモートワーク(フリーランスの)を実現すること。

この2点が目下の目標です。

 

本業・副業・大学再受験と、毎日グチャグチャになるほど忙しいのですが、新しい目標を掲げたことですごく充実しています。

 

  • 大学合格!
  • ブログで〇〇万円達成!
  • パリ・バルセロナ・ニューヨークに移住!

 

こういった目標があるからこそ、今キツくても日々努力できるし、将来に希望を持つことができます。

 

もう日本の悪口を言っている暇なんかない【僕は準備します】

Twitterを開くと、毎日毎日、政治家や日本の悪口ツイートを見かけます。

 

こういったご時世だし、みんなが不安を感じてたり、不満を持って生きているのは本当によくわかるのですが、Twitterに政治家の悪口を書いても、人生は何も変わりません。

 

自分の人生を変えていけるのは、政治家や官僚ではなく自分自身だけです。

 

明確な目標を持ち続け、日々努力することでしか人生は好転しないと思ってます。

 

僕はもう日本の悪口も、政治家の悪口も、一切口にしません。

 

黙って、日々自分のやるべき努力を続け、目標を実現していきます。

 

皆さんはどうしますか?

 

やったことが返ってくるのが人生というもの。

もっと走るべきだし、タイトにプレーすべきだ。

全てが返ってくるのだからやらなくてはならない。

イビチャ・オシム

 

【SHUNSUKE SHOP】あなたの人生を少しだけ豊かにするあなたの人生を少しだけ豊かにする、様々な商品を紹介します。 ...